FEATURE

PICK UP

玉城大志 SPECIAL INTERVIEW

2017/07/31

1276Views


現在「TERRACE HOUSE ALOHA STATE」に出演中の 玉城大志に “経験”と“展望”についてをFASTが独占インタビュー!

taishitamaki_fast_interview2


 

玉城大志が肌で感じたアメリカ


Q. ハワイに住んで感じた、日本との違いは?

率直に言うと、“時間の流れ”が全然違いますね。
日本は時間に追われている生活習慣がありますが、ハワイは時の流れがゆったりしていて、日本に比べると1日が長く感じます。

あと、日本は「こうしなきゃいけない、こうあるべき」という考えがどこかあると感じますが、アメリカは逆で「色んな人がいていいじゃないか」という風潮があるように感じました。

良いところも悪いところもそれぞれにありますが、何かにチャレンジすることを考えるとアメリカの方が自分には合っていると思いましたね。

 

 

Q. ロサンゼルスでの役者修行について

演技において、実際に現場で勉強する“実践”を重んじる日本とは違い、アメリカには“メソッドアクティング”という演技を学ぶ手法があって、どういう手順でスクリプトを読んでいくかなどをしっかり学ぶことができました。
日本で基礎知識が無いまま“実践”をやっていた自分にとっては、凄くありがたかったですね。

 

 

Q.アメリカと日本の食文化

ハワイではレストランで働いているのでアメリカ人はもちろんのこと、さまざまな国から観光客が訪れます。

さらに日本とは違い、住んでいる人種がバラバラなので、好きな食べ物も人によって全然違うなと感じました。

あと、日本でいう“シメのラーメン”が、ロサンゼルスではメキシカンが多いこともあって“シメのブリトー”になることは驚きました!

玉城大志にとっての“役者業”


Q. 今一番夢中になっていることは?

やっぱり“役者業”です。今というか前からですけど。(笑)

最初はスカウトされたのがきっかけで、当初は楽しくなければやめればいいと思い始めました。
日本で活動している中で、一流の役者を目指すことがいつしか生活の中心となり、世界で活躍できるようにロサンゼルスにもチャレンジしにいきました。

 

 

Q. 今後の活動は

またロサンゼルスで活動するために、1度日本に帰国して日本での実績を積みたいと思います。アメリカのオーディションでは「リール」と呼ばれる自分の映像資料が重要になるので、帰国後は日本のドラマや映画に出て映像のキャリアを積めるように活動していきたいですね。

日本からもっと世界に向けて発信していきたいと思いますし、自分が日本とアメリカの架け橋となるような存在になることが目標ですね。

玉城大志がプロデュースするLIFESTYLEブランド「T4 beachclub」がこの夏始動!

T4 beachclub (ティーフォービーチクラブ)

2017SSよりスタートした玉城大志プロデュースによるライフスタイルブランド 「T4 BeachClub」。
"SEA" "OCEAN" "BEACH" "ISLAND" "RESORT" をコンセプトに、出身地となる沖縄や、自身が経験したLA / CALIFORNIA、HAWAIIでのライフスタイルからインスピレーションを受けたアイテムを提案します。

instagram:@t4beachclub
#t4beachclubでタグ検索

PROFILE


玉城大志
TAISHI TAMAKI

1987年6月21日生まれ / 29歳 / 沖縄県出身 / AB型
BACSエンターテイメント所属。
雑誌『JJ』(光文社)や、舞台『信長』(スペース・ゼロ) に出演。
またアメリカでも活躍しており、映画『Karate kill』出演。
現在、テレビ番組『テラスハウス ALOHA STATE』(フジテレビ系)出演中。
instagram:@taishi.0621