NEWS

写真TOP

今年の春はとにかくスポーティ。カジュアル派に贈るすぐに使える着回しアイテム

2018/04/02

132views

写真TOP

暖かくなって来て、街を見渡すとなんともスポーティムードのメンズが多いこと。
ウィンドブレーカーやハイテックスニーカー、サコッシュにジャージ素材・・・。
今年の春は老いも若きもスポーツアイテムをうまく着こなすのがトレンドを席巻。
ハイブランドのコレクションでも春夏シーズンは
ポップなアイテムや本格的なスポーツアイテムが多かったことから
この流れは大きいものになると予想される。

この流れに乗り遅れるわけにはいかない。
スポーティなアイテムをよく身に着ける君も、
なかなか手だししてこなかった君も、
是非優秀な着こなし力のあるアイテムをゲットして、
パっと目を引くハイセンス男子への階段を駆け上がろう。


 

1.マウンテンパーカー型ブルゾン

 

写真1

アウトドアスタイルが好きな人には、
ベーシックなアイテムであろうマウテンパーカースタイル。

キレイ目なファッションの人もジャストサイズで楽しんでいることが多いが、
今年の春はとことんスポーティに着こなしたいので、
丈が短くて身幅が広いものを選ぶと◎

ダボっとしたパンツに合わせた時のバランスが非常にとりやすい。
ナイロン素材のトレーニングウェアや、太めのチノパン、
もちろんデニムなど色々なボトムスとの相性が抜群に良いのもうれしい。
また重ね着にも適しているので、スウェットやパーカー、
ロンTなどカジュアルアイテムをどんどん中に仕込んで様々な表情を楽しもう。
袖を折り返したりネックにボリュームを持ってくるなどアイディアは自分次第。


 

2.トラックパンツ

 

写真2

スポーツアイテムの王道、トラックパンツも流石に今年は豊富に揃っている。
ハズしアイテムとして+1な使い方だけでなく、今年はTシャツをタックインして着こなす
「モロ」にトラッキングな着こなしも支持を得ているので是非挑戦してみよう。

ルーズなサイジングのスウェットやフーディとの相性はもちろん、
タイトなTシャツ、シャツとの組み合わせも◎だ。

体型に合わせて細身をチョイスするか余裕のあるサイズ感を選ぶかは好みだが、
身体に自信のある御仁は細身のものを一本買ってみてほしい。
今年のスポーツテイストは何といっても「ニュアンス」ではなく「思い切り」。

ファッション+機能美で去年より圧倒的にアップグレードしよう。

 

3.袖で差がつく?ロンTは何枚でも!

 

写真3

スポーティと親和性の高いストリートな着こなしに欠かせないのがロンT。
もう何枚持ってても良いのではないかと思えるほどに優秀なアイテムなので、
「そう言えば持ってない」という人は、
この記事をここで読むのを止めて買い物に出かけよう。

ロンT×色違いのロンT、スウェット×首元からロンT、
半袖T×ロンTなど「チラ」アイテムろして使ってあげるのが
さりげないお洒落感を増してくれるので非常にCOOLだ。

定番のホワイトやブラック、
グレーのモノトーンにネオンカラーやパステルも揃えたくなるほど
カラバリも豊かなのが特徴のシーズンになりそう。
また今年は以前にも増して袖にプリントやフォト、
ロゴを施したロンTが豊富なので、腕で自分の好みを主張して街へ出かけよう。


 

4.大きめGジャンがあれば間違いない

 

写真4

3月になってからとにかく目につくのがデニムジャケット。
長い季節、着まわせるし合わせやすさも抜群なので重宝されるアイテムだが
デニムジャケットに身を包んだ男性の数は倍増しているように思う。
羽織るだけで今年っぽいスポーティなムードやストリートっぽさを出せるので
確実にゲットしたい。
特にオーバーサイジングのものを選ぶと今っぽい気分が満たされそうだ。

野暮ったく見えるからとしばらく敬遠されていた
「オーバーサイズ×オーバーサイズ」もトレンドらしく取り入れるなら今年は大吉。
太目のボトムスとも果敢に合わせてみよう。
ボリューム感があるものは腰巻きしたときのシルエットも◎
さわやかなライトカラーよりやや武骨なダークデニムがおすすめです。


 

5.ハーフジップアイテム

 

写真5

昨年からジワジワ人気が続いているハーフジップアイテム。
これまではタイトなアイテムに
無機質な金属ジップといった少しモードなアイテムが中心だったが、
この春はこちらもスポーティにシフトチェンジ。

ナイロン素材やスウェットパーカーとなってショップから大々的に売り出されている。
インにTシャツやカッターシャツを忍ばせたとき、
開き具合が自由自在なハーフジップは首元で色々な変化をつけられるので、
さりげないこだわりをアピールできる。

羽織りものの下に着こんだ時も、
ジップ部分のアクセントがコーディネートのポイントとなってリズミカルに仕上がるはずだ。

春のムードに早く飛び込みたいメンズ諸君は、
紹介したアイテムのいずれかを入手しておけば着こなしの幅が格段に広がること間違いない。
着回し力のあるアイテムからスタイリングの幅を広げていくと
無理なくトレンドを身に着けられるので、是非今日から始めてみよう。