NEWS

写真2

当日あたふたしたくない。彼女の親に挨拶に行くとき喜ばれる手土産とは?

2018/07/03

326views

彼女との交際期間もそこそこ長くなり、そろそろ実家へご挨拶に。

身だしなみにももちろん気を使いますが、手土産に何を持っていくかも大いに悩むところ。できれば親御さんや家族に喜んでもらいたいのは当然。
そこで今回は彼女の実家にご挨拶に行くときにこのあたりを押さえておけば安心な手土産をお伝えします。

1.和菓子、とくにお饅頭



写真1
洋菓子の代表であるケーキは種類がたくさんあって好みが分かれやすいので和菓子のほうが無難なんです。
手土産の定番ともいえる「おまんじゅう」はその中でもハズレにくいので、
あまり彼女から家族の好みなど聞き出せない時は安全策をとってお饅頭が〇!

2.自分の地元の銘菓



  写真2

「地元のお菓子」もポイント高し。
自分が本当におすすめできるのでプレゼンをして、しっかり者の印象をつけよう!出身がどこかわかるので、その話題で盛り上がることができるのもGOOD。
会ってしばらくは会話も緊張してぎこちないことが予想されるので地元トークや銘菓の説明などは会話を助けてくれる。

3.老舗のお菓子の詰め合わせ



ご両親的にポイントが高いのはベタだけどコレ。
有名店のものやデパートのものならある程度味の保証もあるし、もらって悪い気はしないものです。
また包装もしっかりしているので渡すときにビシっと見えるのも嬉しい。
ある程度日持ちの良いものをチョイスするとさらに気遣いも垣間見えてさらなるポイントアップかも。

4.お酒



  写真4

彼女への事前リサーチは欠かせませんが、彼女の親が飲むのが好きならお酒がおすすめ。
「彼女のお父さんと一緒に飲みたい」と思う男性も多いでしょう。
お酒の力を借りて彼女のお父さんとの距離を一気に縮める作戦なんていかがでしょうか。
ここでも自分の地元のお酒を選ぶと楽しめそうです。

5.徹底リサーチで「好みのもの」一本勝負



  写真5

彼女に徹底的に家族の好きなもの(親御さんのみならず兄弟姉妹なども)を聞いて確実に喜ばれそうなものを購入するのは、事前の安心感がかなり高まるので〇!
家族だけでなく、彼女からも「事前にこんなに家族のことを考えてくれてるなんて」と好印象を残せること間違いなしです。

 

まとめ


「彼女の実家へ持っていきたい手土産」として、お菓子やお酒などが挙げられました。定番の和菓子はハズレがなさそうだし、
自分の出身地の名産品なら会話が弾みそうです。いざ彼女の親御さんに会うときに焦らないように頭の片隅に置いておいてくださいね!