NEWS

写真TOP

恋人じゃない曖昧な関係、種類はここまで増えていた・・・!

2018/06/14

38views

写真TOP

付き合ってないけど身体の関係があることを「セフレ」、つまりセックスフレンドと呼びますよね。
これは割と長い間世の中に浸透しているものだと思います。

最近は、セフレだけにとどまらず、色々な男女の関係性が広がってきているようですが、
貴方は全部しっていますか??

中には「何のために・・・!」と驚いてしまうものもあるかも。

 

■キスフレ



  写真1

聞いて字のごとく、かつこれは聞いたことのある人も多いのでは。
文字通り「キスをする関係の友達」ということですね。
決して恋人関係ではないけれど、少しのトキメキを味わいたい男女同士の利害が一致して
そのような関係が継続することがあるんだそう。

これは当然面倒なことは一切なしなのが前提なのでお互いに彼氏・彼女持ちでもOKなんだとか。
彼氏・彼女に会えなくてさみしいときにキスフレと会って寂しさを紛らわすなんてことも。

 

■ハグフレ(ハフレ)



  写真2

こちらも文字通り、ハグをする友達のこと。
ハグはキスに比べて安心感を得たい目的ですることが多いので、
キスフレよりも恋愛感情に発展せず、
本当に友達の延長上のような関係で続いていくのが多いようです。

恋愛や仕事など、
私生活で落ち込んだ時に誰かにそっと抱きしめて欲しいという欲求はみんなあるもの。
恋人や友達に弱音を吐けない時でもハグフレは元々ハグしてくれる存在だから、
欠かせない存在になってくるそうです。

 

■ソフレ



  写真3

こちらは2,3年ほど前から話題になっていましたね。
添い寝するフレンド、略してソフレです。
恋人が居なくて寂しい時期や、なんだか不安で眠れない日が続いたとき、
誰かが近くに寝ているというだけで安心して眠れる人って意外と多いようです。

ソフレは一緒にベッドに入るわけだから、
そのまま身体の関係に発展してしまう可能性が非常に高そうですが、
お互いに割り切って添い寝をするという関係が継続することもあるんだそう。
もちろんそこからセフレの関係やどちらかが恋愛感情を持ってしまうなんてことも多いようなので、
一人の人と長くソフレでいるというのはやっぱり難しそう。

 

■オフレ



  写真4

なんと、一緒にお風呂に入ること。
これを「オフレ」と呼ぶそうです。なんのために?と思ってしまいそうなものですが、
無防備なお風呂という空間に一緒に入ることで、
素直に悩みや不安を相談出来るというメリットがるのだとか。
いくら仲の良い友人でも人目のあるところや街中ではなかなか本音を話せなかったり、
強がったりしてしまうといのはわかるような気がします。

でも一緒にお風呂に入るって、かなり抵抗のある人も多そうですが、
そんなこともないのでしょうか。
タオルで身体を隠しつつにしても、緊張してしまいそうだな、と思います。

 

■カモフレ



  写真5

カモフラージュフレンド、略してカモフレ、ですね。
恋人はいない、またはいらないけど、
異性とデートするなど生活に潤いやドキドキを求めている男女が、
まるで付き合っているかのように振舞ってデートなどを楽しむというもの。

これってもう付き合っているってことで良いのでは?と思いますが、
実は面倒なことは一切なく、デートの時間のみの関係だから楽しめるという考えがあるのだそうです。
こまめに連絡を問いあったり、喧嘩をしたり、
という面倒や縛りがない気楽な関係を求めている男女が増えてきてることがうかがえますね。
他と異なり、さすがに本命の彼氏・彼女がいたらこの関係を継続するのは難しそうですが・・・。

 

■ビリフレ



  写真6

リハビリフレンドの略。
失恋で恋愛で傷を負った人や、なかなか踏み込んでいけない人が、異性に慣れたり、
ゆっくりと傷を癒しながら次の恋愛に進むためのリハビリとして相手に付き合ってもらう、
という関係性が主のようです。

この場合、お互いに同じタイミングでビリフレを求めることもあるのでしょうが、
だいたいはどちらか一方の力になる形でもう一方が一時期協力するという流れが多いよう。

このリハビリに協力するのは、
相手のことが気になっていたり好きだったりする場合が圧倒的な確率を占めそうですよね。

相談に乗ったり、一緒にいてあげるうちに恋人になるというケースが多いのも当然頷けます。

こんなに色々な関係にきちんと名前がついていることに驚きですが、
中には「ソフレ」「キスフレ」「ハグフレ」などそれぞれ別の相手を用意している人もいるんだというからビックリです。
男女間における人間関係が多様化、細分化される流れ、
今後ももっと増えていくのかもしれませんね!