NEWS

写真5

憶えておかないと思わぬ痛手!女性から嫌われる男の特徴

2018/03/09

200views

憶えておかないと思わぬ痛手!女性から嫌われる男の特徴

写真1

モテる男はモテル要素が詰まっている。
容姿端麗、センスが良い、優しい、マメな連絡etc…

色々あるけど人の好みは千差万別。
狙っている女性に必ず気に入られるワザなんてそうそうない。
でも最低限、マイナスな印象を持たれないようにはしておくべきだ。
どんな女性と接するときでも必ず押さえておきたいのは
モテテクではなく、「嫌われないテク」。

「連絡が返ってこなくなった」、「どうしても発展しない」。
そんな経験がある男性陣は無意識に「嫌われる行動」をしているのかも。
当てはまってたらマズい「女性から嫌われる男の特徴」を早速チェックしてみよう。

 

1.自分の話ばかりをしている

 

写真2

気に入られたい女性や気になる相手には特にしてしまいがちなのがこれ。
自分をよく見せようと得意なことの話をしたり、
おもしろい話で笑わせようとしたり。

いじらしい努力が裏目に出ることは多い。
女性は基本的には自分の話を聞いて欲しい生き物。
自分の話も聞いて気の利いた相槌や質問を挟んで、
会話を楽しいものに展開してくれる男性こそが
「おもしろい男性」なのです。

そこを目指すのはハードルが高いかもしれないけど、
嫌われないためには自分ばかりが話しているという状況は避けるべし。
「自分に酔ってる」、「ナルシスト」、「自己中」と
断定されかねないよう気を付けよう。

 

2.ネガティブ

 

写真3

「そりゃそうだ」と思われそうなこの理由。

でも実は気づかないうちにマイナス思考な男と判定されていることは多い。
会話が弾んでいるときや打ち解けた関係の女性が
相手だと愚痴っぽい話もしやすくなって、
日々の仕事や人間関係のことをツラツラとこぼしてしまいがち。
仕事でこんなに大変なのに頑張っているんだ
ということをアピールしたいがために話が愚痴っぽくなってしまう傾向も。

女性は一生懸命何かに取り組んでいる男性を好むので 「自分で選んでやっていることなのにネガティブなことばっかり」と
思われるのはマイナス。
また、もし付き合ったら、 私もこんな風に友達に愚痴を言われるのかな・・・と想像をさせてしまう場合も。

 

3.優柔不断

 

写真4

女性の意見は聞くべきだけど、
自分はノープランで意見もないというのはtoo bad。

レストランを選ぶのも、ちょっとした空き時間にどうするのかも、
「どちらでも良い」のオンパレードでは
「どうでも良いってこと?」と思われてしまう。

また、デートの時には次に何するのか、 どこに行くのか、何を食べるのかが中々決まらないと
退屈させてしまったり女性が気を使って疲れてしまう。

「なんで私が全部決めなきゃいけないの」と思われたら
二度とデートはできないものと思おう。
バランスが難しいけど
「イタリアンとエスニックだったらどっちが良い?」と2択にしてあげたり
「お茶したいけど、ブラブラ散歩も捨てがたいね」など
自分の意見も交えつつ
女性にも自分の気持ちを言いやすいように誘導してあげるとgood。

 

4.清潔感がない

 

写真5

これも当たり前なようだが、
「清潔感がない」という理由で女性がフェードアウトする事例は結構多め。
服装や髪の毛には気をつけている男性陣も
意外と見落としがちなのが持ち物や車の中、そして振る舞い。

財布やスマホケースなど、いつも持ち歩いているものがヨレヨレだったり、
車の中に空き缶やペットボトルが溜まっていたり、
食べこぼしが多いなど。

女性は不潔だと感じると生理的に受け付けなくなってしまうことが多いため、
一気に恋愛対象から圏外に転落もありえるので
日ごろから清潔感を保てるように気を付けたいところだ。

 

5.態度がデカい

 

写真6

男らしさを意識して間違った方向に進むと陥ってしまうのがコレ。
女性に対して上から目線になってしまったり
男尊女卑だと思われるのは当然アウトとして、
それ以外にもマナー的な意味合いで態度がデカい男と思われる危険性にも注意が必要。

お店のスタッフに対する態度だったり、
電車内で他の乗客に気を遣えない、大声で話すなども該当。
特に店員さんに対して横柄な態度の男性は
かなりの確率で嫌われると思って間違いない。
即座に一緒にいたくない男性として認定されてしまうので、
相手だけでなく周りの人や状況にも配慮できる大人な振る舞いを目指そう。

 

6.しつこい

 

写真7

「しつこい男は嫌われる」とはよく言ったもので、
これはもう全ての女性からブーイング。

頭では分かっていても気に入った女性にガツガツしてしまうのは誰しも同じ。
押しに弱い女性もいるけど、
大切なのは相手のことをちゃんと見ているかどうか。

はっきりと気絶の言葉を口にしたり、
逆に明言しないものの
非常に微妙そうな表情をしているのに引き際が悪いのは絶対にNG。

ライトなお誘いをして快諾がなければ「また今度」と言って
一旦引き下がるだけの余裕を持つように心がけよう。
せっかく「良い感じ」と思ってくれている女性でも
「しつこい」=即めんどくさいと思われることを心に刻んでおきましょう(笑)



今まで読んでみて当てはまるものがあった男性諸君は
ちょっと慌てて普段の自分を見直した方が良いかもしれない。
気になる女性がいる人もいない人も、
まずは女性にとっての「セーフティゾーン」、

つまり嫌われてはいないゾーンに居ることが非常に大切になってくる。
そこから先は好みの領域だが、
嫌われたらそこから先に進むのは至難の技だからだ。

挙げてきた6つのポイントは、
ほとんどの女性が嫌だと感じる行動や思考パターンなので、
日常生活から最低限この辺りには当てはまらないように意識し
臨戦態勢を整えるようにしてみましょう。