NEWS

写真TOP

選び抜きました!髪型別、激推しスタイリング剤・神7

2018/05/31

96views

写真TOP

第一印象にも大きな影響を与え、
お洒落のバロメーターにおいてもかなり重要な役割を果たすのがメンズのヘアスタイル。
女性ほど長さやアレンジ、カラーで遊ぶ方法が少ない分、
スタイリングで毎日サロンに行きたてのようなヘアセットができたら最高。

そこで、どんなスタイリング剤を使用すればよいのかわからず迷走している男子のためにも、
ヘアスタイル別におすすめのスタイリング剤を紹介しよう。

市場にはかなり多くのアイテムがあるので、しっかりきっかり厳選しました!
 

1.自然体なミディアムヘア



  ◆アリミノ ピース ソフトワックス(ソフトワックス)

写真1

触り心地がまず非常に柔らかく、不慣れな人でも扱いやすいソフトワックス。
同社独自の高持続クリームフィルム効果により、
キープ力もしっかりあるのでソフトと言えど心配は無用。
毛流れを作り、キープしたい時におすすめです。
ツヤ感は控え目なのでかなりナチュラルな仕上がり。
万能性の高さから定番とも言える人気を誇っている。

 

2.ショート~しっかり形作るミディアム



  ◆ナンバースリー DEUXERハードワックス5(ハードワックス)

写真2 2

人気の「デューサー」シリーズの中でも、一番人気を誇るのがバランス力に優れたハードワックス5。
強いセット力と抑え気味のツヤ感があらゆる髪型に使いやすく、
特に束感を出して大胆に髪を動かすようなスタイリングに重宝する。
しっかりセットしたいときにはこれがあればとりあえず万能という使えるヤツ。
またパッケージデザインもサロン用のように洗練されていて、
高感度な男性から支持される理由のひとつ。

 

3.髪が細い、猫っ毛なわがままヘア



  ◆ミルボン ニゼル テクスチュアクレイ(ソフトワックス)

写真3

つけていることを忘れるかのような軽い仕上がりながらも、
スタイリング力は十分。
空気感のあるヘアスタイリングを好む人には特におすすめしたい。
自然な仕上がりで「スタイリングしている」印象が目立たないのもうれしいところ。
ナチュラルに揺れ動く爽やかスタイリングとの相性◎。
香りも優しく、まるでシャンプーのよう。

 

4.とにかくキメ!動きのあるヘアのキープを目指すなら



  ◆シュワルツコフオージス ゲラスティック(ジェル)

写真4

ツヤによる光沢感とキープ力を重視するならこちら。
ドイツのヘアケアメーカー、シュワルツコフのジェルタイプ。
そのキープ力の高さは数あるスタイリング剤のなかでも群を抜いているのでは。
上品なツヤも出てばっちり決めたい日におすすめ。
ヘアスタイルをしっかりとホールドするのですが、洗い落としやすいというメリットも。
バスタイムで何度も髪の毛を洗いなおすという苦痛とおさらばできるかもしれません。

 

5.カラーダメージによる傷みを隠しつつ柔らかなヘアスタイルがしたい!



  ◆ナプラ モレット オイルケアクリーム ビター(クリーム)

写真5

ワックスやジェルよりも柔らかいクリームタイプは、指通りが良く、
セットしやすいく軽やかな仕上がりが最大の魅力。
またパサついた毛先をしっとりと演出してくれるのでカラーダメージとの相性が最高。
“髪そのものを美しく見せる”という発想のもと誕生したこちらのスタイリング剤は
褪色防止成分が配合されているので、ケアという観点からも◎

 

6.アンニュイなパーマヘア



  ◆ミルボン クフラ ラフリッジホイップ(ムース)

写真6

ワックスやジェルとはまったく異なる泡状の剤質は、
髪全体にまんべんなくスタイリング剤を馴染ませるだけで、
ある程度完成させることが可能なのでパーマとの親和性が高い。
手櫛の感覚でサラっとなじませれば良いので時間のない朝には嬉しい。
ミルボンが得意とする柔らかさやと立体感のあるパーマスタイルをかなえるムース。

 

7.ツーブロック、刈上げ、オールバックなどのバーバースタイル



  ◆阪本高生堂 クールグリースG(ポマード)

写真7

ツーブロックや七三分けヘアに最適なウェット感、ツヤ感、そしてセット力を
バランス良く高いレベルで実現したクオリティの高さがウリのロングセラーヘアスタイリング剤。
水溶性なのでポマードと言っても比較的洗い流しやすく、
ワックスと混ぜて絶妙な質感を出すことも可能。
ジェルと違って再整髪できるのもメリットだ。
どれも本当に激推しできるスタイリング剤だったが、気になるものはあっただろうか?

感度の高い男性諸君には、
是非ともなりたいスタイルに合ったスタイリング剤を選んで、
妥協することなくヘアセットいこだわって頂きたい。
まずは色々と実際に手に取って質感を試しながら自分に合う最適なものを選び取ろう!