Stage of FAST(ハンサム)

三船海斗

先輩の背中を追う若きハンサム特集No.1

Stage of FAST -Stage 12-

<What’s ハンサム?>


2005年から15年もの歴史を重ねるアミューズの若手俳優による恒例のファン感謝祭、通称『ハンサム』。歌、ダンス、ミュージカル、フィルムなど俳優ならではのエンターテインメントでファンに感謝を伝える大人気イベント。佐藤健、三浦春馬、賀来賢人など数々の人気俳優が名を連ねてきた舞台を受け継ぐ今年のハンサムメンバーたち。その中から初出演の新人ハンサムメンバー3名に『ハンサム』への想いを聞きました。

―『ハンサム』への出演が決まった時の心情を教えてください。

「まさか自分が!」といった感じでした。マネージャーさんから出演することを聞いて「まじか!」と思いつつも、正直その場ではあまり実感が湧かなくて…。リハーサルが始まり、先輩の方と一緒に稽古をするようになってから徐々に実感が湧いてきました。「気を引き締めてやらなきゃ!」と感じています。

―SNSなどで稽古に関する投稿を楽しみに見ています!実際に稽古場はどんな雰囲気ですか?

1月頭くらいから先輩方も合流して、新曲の振り入れが始まりました。新人の子たちは僕を含め本当に必死で「やばいやばい!」と悩むことも多かったんですが、今は先輩方のおかげでだんだんと馴染めてきて、大変なことももちろんあるけれど、リハーサルを楽しめるようになってきました。

―先輩ハンサムの方とのエピソードは何かありますか?

11月・12月は新人ハンサムだけで稽古をしていたんですが、その期間にもちょくちょく稽古場に来てくださる先輩の方もいて。ある時、太田将熙くんが来てくださったんですけど、稽古後にご飯に連れて行ってもらいました。今日も小関くん(小関裕太)にご飯に連れて行ってもらって、少しずつ先輩との仲も深まってきている気がします。心強いです。

―では、新人ハンサムメンバー同士のエピソードは?

今回の新人ハンサムメンバーには高校生が3人いるんですけど、その子たちも僕に絡んでくれて「海斗さんご飯行きましょう」と誘ってくれるんです。隼嗣(田川隼嗣)とも2人でご飯に行ったり…僕、すごい食べに行ってますね(笑)。みんながご飯に誘ってくれるので、よく行っています。

―絆も深まり『ハンサム』Liveの方も近づいてきていますが、自分自身の見どころはどこだと思いますか?

みんなで踊る曲も多いんですが、少人数で踊るユニット曲はすごく見てほしいです!僕が歌うユニット曲の2曲が真逆の雰囲気なんです。2曲のギャップを僕が歌やダンスで表現する様を見ていただきたいし、皆さんにしっかり伝えられたらいいなと思います。振り通りに踊ることは当たり前。その先の“ダンスで表現する”というのが僕らがやらなきゃならないことだと思うので、そこは頑張りたいですね。

―“表現”という言葉に役者魂を感じます。では、『ハンサム』に向けて意気込みをお願いします。

僕たち新人ハンサムにとっては、リハーサルもステージも全部が初めてで新鮮なもの。色んな不安も各々にあると思うけれど、その不安に負けないくらい努力をして良いものを作りたいし、「ハンサムってすごいな」と思ってもらえるようなパフォーマンスをしたいと思っています。ぜひ、楽しみにしていてください!

Kaito’s Date

Date-1:欠かせないもの

“着ていく服を選ぶ時間”

服選びにはすごくこだわります。僕、一度着て家を出ても「ちょっと違うかな?」と思うと戻って着替えることもあるんです(笑)。コーディネートがしっくりきた日にはテンションも上がりますね。朝起きて選ぶのでとにかく時間がかかっちゃって、よく駅まで走っています(笑)。

Date-2:三船海斗の軸

“自分に嘘をつかないこと”

素直に好きだと思うことをやりたい。嘘ついてまでやりたくないことをし続けるのは嫌なんです。“好きなことだけをする”って難しいことなんですが、何かに迷った時は「自分自身が素直でいられるか」というのを一番に考えています。

Date-3:座右の銘

“ない”

(隣にいた藤原さんが「好きな言葉は藤原大祐でしょ?」と)藤原大祐は好きだけど(笑)。
でも座右の銘じゃない(笑)。誰かが残した名言よりは、「自分の大切なものは自分が分かっていればいいかな?」と思うので、言葉をひとつ持ち続けることはあまりしないです。

チェキ

詳しくはFAST公式Twitterにて

https://twitter.com/fast_japan_

data_FAST 荳芽飴豬キ譁・(data)B-163

三船海斗

みふね かいと

穏やかで柔らかい安心感を与える情緒、その一方で瞳に透ける強い意志が人々を引き込んでゆく21歳。

出演作に『3年A組‐今から皆さんは、人質です‐』『監察医 朝顔』などがある。

※Item
Outer:Y.O.N. LOGO STRIPE WORK BLOUSON/BLACK STRIPE/¥59,000+TAX(Y.O.N.)
Tops:Anaglyph Logo T-Shirt/WHITE/¥4,500+tax(SERGIO TACCHINI)
Pants:Y.O.N. LOGO STRIPE SUIT TROUSERS/BLACK STRIPE/¥45,000+TAX(Y.O.N.)
Shoes:VLYSE/WHITE/¥25,000+tax(YOAK)
(お問い合わせ先)
Y.O.N.、SERGIO TACCHINI
STUDIO FABWORK
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-6-6 秀和外苑レジデンス306
TEL:03-6438-9575

 

YOAK
HEMT PR
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-31-8 FKビル3F
TEL:03-6721-0882

 

※Team Credit
カメラマン:YURIE PEPE
ヘアメイク:金田紗世子(MAKE ON)
スタイリング&ディレクション:町山博彦
インタビュー・編集:満斗りょう