Stage of FAST

【秋山真太郎】
劇団EXILE舞台『勇者のために鐘は鳴る』
特別インタビュー

Stage of FAST -Stage11-

<あらすじ>


気がつくとゲームの中の世界に入っていた 9人の男達。元の世界に戻ろうと、勇者になってモンスターを倒しながらゴールを目指す。現実ではそれぞれ悩みを抱えていた彼らだったが、冒険の中で大切な事に気づいていく…。そしていよいよゴールが目前に迫った時、まさかの事実が判明!9人の運命は大きく揺れ動いてしまう。

―舞台が決まった時、どう感じましたか?

2020年、会社をあげての記念すべきパーフェクトイヤーのほぼ一発目のプロジェクト。すごくいいタイミングで出来るのが嬉しいと思いました。

―原作から劇団 EXILEの皆さんで話し合われた舞台。他のメンバーの皆さんから「秋山さんがみんなの意見をまとめてくれた」と聞きました。

「みんなのやりたいことを取り入れる」というのも今回の作品の一つの目的だったので、それぞれの意見をうまくひとつに出来るように意識しました。初稿は僕が書いたんですが大変でした(笑)。

―そうなんですか!具体的に何が一番大変でしたか?

意見がバラバラなのは構わないんですが、一本の作品を書き上げる大変さが一番かな(笑)。でも、書いている途中からは頭のフリを最後に回収出来たりと、けっこう整合性がとれてきたので書きやすくなりましたね。何度か変更もあったものの、結局落ち着いたのはほぼ初稿に近いものでした。

―さすがです!台本も出来上がり、絶賛稽古中だと思いますが稽古場はどんな雰囲気ですか?

外部の舞台の稽古場よりも笑いが多いかな。舞台の演出家の方って厳しい方が多いので、稽古中にシーン…となる場面があったりもするんですが、今回はそんなこともなく和やかな雰囲気ですね。

―稽古中のメンバーのエピソードは何かありますか?

小澤さん(小澤雄太)なんですけど、必ずやらかしてくれるんです(笑)。「あぁ、まあ。」というセリフがあるんですが、何を思ったのか真剣に「あぁ、豆。」と言ったんです。みんな「豆⁉」となって(笑)。そんなのもうハテナじゃないですか(笑)。で、その後「どういう思考回路を経て豆って言ったわけ?」と聞いたら、登場人物にジャックというキャラクターがいるんですが、「ジャックって考えてたらジャックと豆の木が出てきて…」って。それで「あぁ、豆。」と言ったらしく…。この人はさすが、とんでるなぁと思いましたね(笑)。

―稽古中にもそんな天然エピソードが(笑)!

なんなら本番中にも何かありそうですよね(笑)。でも、今回の舞台は何が起こっても楽しい舞台なので、それさえも楽しめればと思います。

―では、そんな秋山さんから客観的に見た自身の役どころを教えてください。

けっこう日本人なら誰しもが持っている要素のあるキャラクターだと思います。例えば、「右に倣え」だったり、皆と同じものが良かったり。調和を重んじるのが日本人じゃないですか。故に抜け出すことに自信を持てない。そんな全世代に共通するような要素を持ち合わせた役です。

―「うんうん」と、共感できる部分がたくさんありそうですね。最後に多くの皆さんが待ちわびている舞台、意気込みをお願いします!

僕らが楽しむのも大事ですが、一番は観に来てくださった方に「笑えたね」や「ただただ楽しかったね」と思ってもらえるのが目的の舞台なので、とにかく来てくれた皆さんに何も考えず、楽しくHAPPYになってほしいです。僕らも含み、みんなで「2020年始まった!楽しかった!」と思えるような舞台にしたいと思います!

_A0I5711

秋山真太郎

あきやま しんたろう

1982年7月8日生まれ。
どんな人にも与えることを厭わず、広い視野で世界を吟味しながら自身の根を深く下ろす37歳。
Instagram(https://www.instagram.com/shintaro_akiyama_official/
EXILE TRIBE mobile(m.tribe-m.jp/

劇団EXILE『勇者のために鐘は鳴る』
原案プロデュース:劇団EXILE 脚本:畑雅文
演出:川本成(時速246億)/ ゼネラルプロデューサー:HIRO
出演:青柳翔・秋山真太郎・小澤雄太・鈴木伸之・町田啓太・小野塚勇人・SWAY・八木将康・佐藤寛太
劇場:2020年1月24日(金)~2月2日(日) TBS赤坂ACTシアター
2020年2月13日(木)~2月16日(日) 梅田芸術劇場メインホール

秋山真太郎小説デビュー作『一年で、一番君に遠い日。』発売中!
著書:秋山真太郎 定価:1,700円(税別)
詳しくはHPにて(https://m.tribe-m.jp/Cts/book/2019/akiyama/ichinen_ichiban/index

※Item Credit
Outer:GB0419/JKT06 Bi shop long coat/GREEN/¥50,600
その他、スタイリスト私物

(お問い合わせ先)
Lamb Tokyo
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-34-6 H.I.Pビル 1F
TEL:03-3746-9950

※Team Credit
カメラマン:鈴木寿教
ヘアメイク:田中誠太朗
スタイリング・ディレクション:町山博彦
インタビュー・記事:満斗りょう

top-pc

【秋山真太郎】
劇団EXILE舞台『勇者のために鐘は鳴る』
特別インタビュー

Stage of FAST -Stage11-

―舞台が決まった時、どう感じましたか?

2020年、会社をあげての記念すべきパーフェクトイヤーのほぼ一発目のプロジェクト。
すごくいいタイミングで出来るのが嬉しいと思いました。

―原作から劇団 EXILEの皆さんで話し合われた舞台。
他のメンバーの皆さんから「秋山さんがみんなの意見をまとめてくれた」と聞きました。

「みんなのやりたいことを取り入れる」というのも今回の作品の一つの目的だったので、それぞれの意見をうまくひとつに出来るように意識しました。
初稿は僕が書いたんですが大変でした(笑)。

_A0I5766
_A0I5711

―そうなんですか!具体的に何が一番大変でしたか?

意見がバラバラなのは構わないんですが、一本の作品を書き上げる大変さが一番かな(笑)。
でも、書いている途中からは頭のフリを最後に回収出来たりと、けっこう整合性がとれてきたので書きやすくなりましたね。何度か変更もあったものの、結局落ち着いたのはほぼ初稿に近いものでした。

―さすがです!台本も出来上がり、絶賛稽古中だと思いますが稽古場はどんな雰囲気ですか?

外部の舞台の稽古場よりも笑いが多いかな。
舞台の演出家の方って厳しい方が多いので、稽古中にシーン…となる場面があったりもするんですが、今回はそんなこともなく和やかな雰囲気ですね。

―稽古中のメンバーのエピソードは何かありますか?

小澤さん(小澤雄太)なんですけど、必ずやらかしてくれるんです(笑)。
「あぁ、まあ。」というセリフがあるんですが、何を思ったのか真剣に「あぁ、豆。」と言ったんです。みんな「豆⁉」となって(笑)。そんなのもうハテナじゃないですか(笑)。
で、その後「どういう思考回路を経て豆って言ったわけ?」と聞いたら、登場人物にジャックというキャラクターがいるんですが、「ジャックって考えてたらジャックと豆の木が出てきて…」って。それで「あぁ、豆。」と言ったらしく…。この人はさすが、とんでるなぁと思いましたね(笑)。

―稽古中にもそんな天然エピソードが(笑)!

なんなら本番中にも何かありそうですよね(笑)。
でも、今回の舞台は何が起こっても楽しい舞台なので、それさえも楽しめればと思います。

_A0I5749
_A0I5689

―では、そんな秋山さんから客観的に見た自身の役どころを教えてください。

けっこう日本人なら誰しもが持っている要素のあるキャラクターだと思います。
例えば、「右に倣え」だったり、皆と同じものが良かったり。調和を重んじるのが日本人じゃないですか。故に抜け出すことに自信を持てない。そんな全世代に共通するような要素を持ち合わせた役です。

―「うんうん」と、共感できる部分がたくさんありそうですね。最後に多くの皆さんが待ちわびている舞台、意気込みをお願いします!

僕らが楽しむのも大事ですが、一番は観に来てくださった方に「笑えたね」や「ただただ楽しかったね」と思ってもらえるのが目的の舞台なので、とにかく来てくれた皆さんに何も考えず、楽しくHAPPYになってほしいです。
僕らも含み、みんなで「2020年始まった!楽しかった!」と思えるような舞台にしたいと思います!